ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM1

きゅうりがたべたい
あのぼつぼつしたところ

のらねこ

よっておいで
わたしがなでであげる

よりみち


ついにあのきに
はながさいた


うれしい


それだけなのに

なんだか

うれしい



-----

行き場を失った
私の激情が
体の中で
だんだん大きくなって
破裂するのを
待ってる

きっと
ほんのちょっと
斬りつければ
噴出してくるのは
目に見えているけど

嘘じゃないか
みんな
嘘じゃないか

ねえ

きっとまた
どうかしてしまったんだね

やっぱり
孤独は良い

こんな私は
孤独が良い

生め



-----

草に




どんどん芽吹いて

なんだか愛着が

だって音もしないのに

静かに大きくなって


どんな耳持ってるの

ほんとは何か聞いてるの

ほんとは何かしゃべってるの

私が見てるの知っているでしょう


水をあげたら答えてくれる

いつもとっても寡黙だね



-----

えら呼吸ができなくなった魚が
水面に顔をあげて
そのとき吸い込めるだけの息を吸う
命がけで

うろこはきらきらとあぶくにまみれていく

どんなに息継ぎが
大切かなんて

呼吸が普通だと思っている魚にはわからない
わからない
わからない

息ができなくなった魚だけが
その息継ぎで命がつながることを
実感できるの

だから
その醜い顔は私には美しくて涙が出るの



-----

私も





渇いている




-----

残すことに

興味はないと

歌いつつ

私のやることといえば

残すことばかりだ

だから
自分のことなんて
よくわからないんだ

結局
矛盾だろう

矛盾

それで私が成り立ってる

そして
私はそんな矛盾も逃さず
醜くても捕まえて歌いたいと思ってしまう

やっぱり

矛盾

それに尽きる



------

あなたのことばは勇気が出る

忘れかけていた息継ぎだ

かけがえのない
かけがえのない

息継ぎだ


息が継げるから

また声が出せるようになったよ



ありがとうは
いいことばだ



やっぱり何度でも使うよ



ありがとうって



----------

つきすすめ
じぶんのみちを
まような
じぶんのみちを
さけべ
じぶんのみちを
たたかえ
めをそむけるな
むかいあえ
たたかって
たたかって
じぶんを
じぶんにしていくんだから
もっとじぶんをつきつめろ
よびよせてぶつかりあえ
まだまだしれることがある
まだまだかんじることがある
まだまだすすめるところがある
つきすすめ
じぶんのみちを
まような
じぶんのみちを
こびるな
おそれるな
いけ
つきすすめ
じぶんのみちを



-------

ゆっくり
ゆっくり
やさしくなっていけばいい
夕焼けに
まろやかにかかる雲みたいに
ふわーっと広がって
朝をまてるように

朝をまてるように

ゆっくり

ゆっくり

傷が癒えるように

ゆっくり

ゆっくり

私の朝を



----------

くまです。
おぼえていてくれましたか
いいんです、
それでもいいんです
わたしはおぼえていたんですから
じゅうぶんです
くまです。
こんなところでまたあうとは
おもいもしなかった

びっくりしているようなかおをして
ほくそえんでいるんですよ、
だから
わすれられていてもいいんです
そんなこと
わたしにはちいさなものなんです
いちど
くまというなまえも
うたがってみてくださいね。
くま だ
くま だ

なのるのは
なにかをかくしているからかもしれません。
きょうは
いいよるになりました
なにせ
また
あなたにあえたのですから




-----------

ねねね

あんじあんじかかって

おだおだやかに

ふー

この白桃色がいい

いまはいい

見ているのがいい

想像しただけで
香りはいつでもかげるから



私の火の中に穏やかな精神を

私の火の中に柔らかな色調を

私の火の中に透き通る湖を




----------


ぽぽぽぽぽぽ

ぽぽぽぽぽぽ



ぽぽぽぽぽ



ぼーっと

ぼーっと

ただぼーっと

何にも考えずにぼーっと

する時間がほしい

ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽ

ぽぽぽ




-----------

悲しかった。
何もかも
悲しかった。
ひどく大声で叫んでいた。
私じゃないみたいだった。
真夜中に誰もいない道を逃げた。
逃げた。
あてもなく逃げた。
やはり行く先はなかった。
逃げ場がなかった。
何から逃げていいのかわからなかった。
首にくくる綺麗な紐は見つからず、
泣いた。
泣いては泣き止み、
暗闇を見つめてはまた泣き出し、
ただそれを時間の限りに繰り返していた。
独り言を繰り返した。
私は言葉にも置き去りにされていた。
どうでも良かった。
この世なんてどうでも良かった。
私は平気でこの世に嘘を吐いてきた。
私を守るために。
私を守るために。
今日も闘わねば生きられない。
この夜すら越えられない。
笑うなら笑えばいい。
私はいつだって本気だ。

噛み付いてやる。




----------

緑茶に


砂糖二杯





一味唐辛子を入れて飲んだ



まずかった



正気に戻して


だれか
とまらない涙の行く先を教えてあげて

もう私では
どうにもならないから

私から出たものくらい

せめて
空気を吸わしてやりたいのよ



咳が出る

あんなまずいもの


久しぶりに飲んだ




正気って何だよ




---------

いくよ


このはてまで


いくよ


やみのはじまで


いくよ


おそれない


いくよ


どこまでも


いくよ




------

小さく息をして
吐き出したら
小さな炎が飛び出して
その火の粉が
私の肩に降り積もっていく

やがて肩から背中にまでたれて
大きく外に連なり

ひとかたまりで
うねっている

火の粉が

うねっている

生きているみたいに

うねっている





------------------

いつだって
この手の中で

いつだって
私は戻ってくるよ

笑って
笑って
わらって

いつでも

もどってくるよ

這い上がって
這い上がって

これからも
笑っていたいから





--------