ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM4


ちょうちょがこっちを向いて笑っている


起きたら笑い転げていた




今日の朝




--------

なんだかぜんぜんわからなくなったのです



ずっと耳栓をしていました

自分までわからなくなった私に

本当の声が聞こえてくるかも知れないと思いました


目隠しをしていました

目に見えるものは全て今の自分には必要ないものでした

漏れてくる光などうっとうしいだけでした


私は私になるために

眠ります


起きていても眠ります


見つかるまでずっと


眠り続けます




---------
 
 
ひとつ



歌よ




私の命をかろうじてつなぎとめてくれてありがとう





その中に出会いをくれてありがとう


出口のない鬱の中にも
激しい炎があることを教えてくれてありがとう


どこにもぶつけることのできない孤独に
色をつけてくれてありがとう



間違いなく




私を生かしてくれてありがとう


誰も聞かない
ちっぽけなひとりごとに
付き合ってくれた鍵盤ありがとう



音があってそれだけで幸せでした



声が出てそれだけで幸せでした



日の目を見られなかった歌たち
ごめんなさい



私は黙っているときでも
大事に大事に歌っていました


片時も忘れることはなかったです


そして無力でごめんなさい



歌よ



私に活力をくれてありがとう


私に目標をくれてありがとう


私に悔しさをくれてありがとう


何より


感じる心をくれてありがとう


歪んでいる私を受け入れてくれてありがとう




たとえ


この世から消えたとしても



私が生きて


ここまで生きて


こんなに感謝できることはありません



私に神がいなくても




私に歌はありました





ここに今も



生きています


生きて



生きています




どこまでも



いつまでも



私は



生きています




--------

もう



生きるのに疲れたな



何の才も努力もない人間が

指差して笑う

自分を汚すこともなく

妬む


確かにその通りだといって

酷く痛がることにも

飽きた





ねえ



ここはどこだろう





ふざけるなよ





-----



 
なんで皆うさぎになんないの




わたしはもう
うさぎだよ





---------

 
そう

いつだって私は不機嫌な女

いつだってめちゃくちゃ


思い通りにならなくちゃ
全部壊したくなってしまう


意志の感じられないものに
吐き気がする
それだけ


恥じればいいと思う


いる意味がなくなったら

全て見失ったら

くくればいいだけだろう



初めから私は
狂暴性を隠し切れない
「恐ろしい」人間なんだから





-----------


日に当たると燃えてしまいそうだから

そんなに全てを照らせば
影ができるでしょう


虫が飛んでいる

日焼けした虫


まぶしくて

影が目立つ


私の影も





-----


ひっさびさに弾きながら歌った
こういうときの滅茶苦茶な歌は
好きだ
本当に渇望しているから
あまりに病んでいると歌えない
歌って私にはそういうもの
歌えるようになってよかった
歌いたいというのは
どん底からの私の意志だ
ずっと昔から
想いをことばや歌で消化している
私はそれでやっと
世界と何かのやり取りができるのだ
それは
一方通行でも
答えのない投げかけでも
ただのひとりごとでも
殻に閉じこもったままの自分から
一歩踏み出した明しだ
そしてそれがなければ
この世界は私にはあまりにも生きにくかったから
こう
久々に心から望んで
自然と体が鍵盤に行って
すんなり歌が歌えた日は
それまでどんなに憎みそうになっていたって
私はまた喜びを教えてもらう
歌える幸せ
たぶんこれからも何度でも





---------
 
頭の中をいろんな想いがめぐりすぎて

馬鹿になった


いつも鬱の真ん中で息をしながら


喋りすぎるといけないし


今度からクチナシの香りでも纏おうかと思う





---------


歪んだ現実
これが本当
空っぽの私
がらんどうの世界
干からびた地面に
雨乞いをする空はない
たましいの一人歩き
あんまり遠くまで行かないで
ここに
ひとりにしないで
寂しさなんてなれたつもりだろう
だって
がらんどうの世界
抜け出せるとも思えない
空っぽの私
これが本当
歪んだ現実





---------

 
あの時


私は死んで


生まれ変わったの





---------


何もしない

何も残さない

何とも向かい合わない



そう決めて眠るのも良し

起きていたって
眠っていたって


闇と光の繰り返し





----


 
私は
爆弾を
抱えながら

生きる


見ていると

涙が出る絵をもらった


私たちは

爆弾を抱えながら
生きている


終わらせるのは
そう、
いつだって簡単だ



たくさんの爆弾


これでいいのだと
思えた





-----


なんにも思い出せないの

全てがつまらなく思えるの

こんなにたくさんあるのに

無ばかりを感じるのは何故だろう

ここにあるはずなのに

消えてしまいそうだよ





----------

 
目を瞑って
耳をすます

息を感じて

おやすみなさい





----------

髪が抜けて抜けて

この髪はいつまでもつのだろうか

小さい頃から
ずっと思っている





-------


いがいがしたこころから
やわらかいだけのこころへ

憧れる

憧れて

焦がれて


もうぼろぼろに朽ちそうです

朽ちて

何になろうか


朽ちたら考えようかな



私だってわかるように

半分は触れないくらい
とげとげにしておくから

気をつけて


いつだって
どんな形であったって

取り扱い注意だからね





------