ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM5

歩道に柵なんてついていたら
閉じ込められたように思えるんだ
すれ違いで刺されたらどうする
守られていることは
決して安心になんてつながらない
ゆだねることができたら
それはどんな気持ちかなあ
どっちもどっち
それも自分次第
ここはつくられた世界だから仕方ない
自分の体が干からびるくらい
涙も汗も血も流して
目を光らせよう
ここが踏み荒らされないように





----------



かわれば
かわれるところもある
うまれつき
かわれないところもある
いしき
すればするほど
わるくなることもあれば
すればするほど
よくなることもある
じぶんのこと
だきしめてあげたい
ちからをてきどにゆるめることは
けっこうむつかしい
じかんがひつようよ
やわらかいじかんが





-----------



いちばん
たいせつにしているのは
なんですか

きょうもまた
いちにちがおわります

いろんなひとのめに
さらされるのはもういいです

さいごはどんなかおされるか
わかってますんで

にんげんですから


うらとおもってってひつようなんだね

ひかりとかげみたいに

かたよってとうぜんだよ

むねをはりなさい





---------

喉が渇いた
かわいたよう

粘膜にべたべた
嘘を貼った


興味ない


頭の
脳みその熱さを冷ます
飲み物が飲みたい

飲みたいよう


困った腕だ





---------

ことばえらび
ことばえらび
ことばえらび

つかれる

ことばえらび
べつにえらばなくてもいい
おもったとおりかけば
だれにみせるもんでもなし
どんだけきたないか
さらけだしてみればいい
でもこれもことばえらび
きもちがもようでぜんぶみえたら
なんておもうけど
これもことばえらび

えらんでえらんで
それくらいしかできないし

けどあれでしょ

えらんでるのがすきなんでしょ






---------

はちみつレモンアイスを作った
今冷凍庫で凍っています

頭がキーンとするくらい

冷たいものが食べたくて


汗って
私の大事な何かまで流していってないか?


その分を補わないとと思うのです




---------


抜け殻が一匹
自分を正当化しようとして
無駄口を考えている

主張した分だけ
恥ずかしい思いをするから
黙っていることにして

頭の中で刃物を振り回している


わたしは だあれ






-----------

胡散臭いときはあれですよ
桃色に限ります


隣にうさぎがいると思うだけで
もう気持ちはハート型なわけですよ


あの毛皮の奥をめくって見たの


だからトゲは理にかなっているのです



いや
理とかそんな問題じゃなく


やっぱ私は根がうさぎですから

仲間に入れて欲しいと真剣に頼んでいるのです






-------

 
思う存分

ふーーー


汗をかく



めいっぱい


はーーーーー


息をする



血なんて蚊にくれてやる



夏だなあ





---------


私に何度も最後が来るのなら

いったい誰がそれを許すのですか


本当はもう消えているのでしょう
こんな醜い生き物は
与えてくれる美しい生き物の毒ですから

吐き出して吐き出して
醜い生き物は
そうしてかろうじて「生き物」として成り立つ
切られたら倍にして返そうと思っている
そのことの醜さを
醜さの中で気が付かない

大きい広い心を持ちたかったそうです


もう一思いに
最後にしたいんじゃなかったのか

いったい私に何度
最後は訪れるのだろう

似ているものは
あくまで似ているもので

本質はまったく違うのです


喜びなさい

あなたは解放されました

あなたの好きな自由を手に入れられるのです

快楽のままに進めば良いと思います

そんなあなたは輝いていると思います


死相

私の中の黒に本当は白いあなたを
混ぜ塗りつぶしてしまうことこそ惜しいことはない

精一杯の笑顔は
反逆のしるしです

黙っているからって
甘く見ないで下さい


最後とは最期のことですか


こんな醜い生き物に
そんなもったいないものはいらないのです





----------


もう

誰のことも

信用できなくなったし


もう

誰も信じられなくさせてしまったのは

私です


未熟なものどうしは

未熟な花火のように

あっという間に終わってしまうのです


私ほど


醜い獣はいませんでした


せめて

息絶えた後くらいは
穏やかに


ひとりをひとりとして生きるのです





--------


足りない隙間を埋めるとき
自分で暗示をかけるようなところがある

今は爪に何か色を塗っていないと
止められないくらい暴れだす自分がまた
噴出してきそうで

日常
それは不に傾くばかりのそれ

暗示の一つや二つ
皆持っているんだろう

たまに何も塗っていないときの爪は
なんだか無防備で
呼吸ができているようで
解放されたような気にもなるけど
何かのきっかけで
我を忘れるくらいのそれ
引き金は何時何からかわからず
暗示
まだ暫くは必要だ

心はいつも形のない形を変化し続けて
考えられないような熱さと冷たさをくりかえす
一時として
同じ時はないから

爪で押さえられている
はみ出してはいけない
制御できない自分を
文字で書き付けたり
絵にしたりして

紙一重の調和を保っている
そんな
日常





--------


 
道化になれる日は
どんなにだって自分を汚してやるんだ

わたしひとり
歌っていたって
しゃべっていたって
存在自体が
道化だから

何のために生きているのか

何のために生きているのか
わからないから


ねえもっとわたし道化になるから
笑ってちょうだい

こっちだけ
こっちだけ向いて笑ってちょうだい





---------



 
煙の中
なにか見たことのない生き物が
うごめいていた


見えたでしょうか



確かにその中で


歌っていました





-------

幽玄の影が私に向かって
鎌をほうった

黒く動き回るそれを
何とか
避け続けている





-----------



 
わたしは
わたしで

おおきくいられればいいんだから

よわったときは

じぶんのなかからじゃないものに
よごされやすいから

もう
くちをつぐみなさい

もう
わたしはじゅうぶんきずつけた

かんがえたっって
わからないことは
もう
かんがえるのはやめなさい


ここちよいじぶんのためのほほえみが
すこしでもふえますように




--------

囁き

嬉しかったり

悲しかったり

怒ったり


これほど愚かな生き物は私以外にありえない

また

印をつけなきゃ

私をわからせなきゃ

すべてぼやけるの

たぶん
あしたのうたはいい

だってもう粉々だから





---------

ぴろぴろきん

ぴろぴろ


ゆらゆら

良い絵ができた

いいにおい


いいにおい


はちゃめちゃもやっと
落ち着きました

自分でも自分がわからなくなるくらい
暴れ続けるというのは
何度あったって
醜いし疲れます





---------


 
アイスがすきです

暑いときはやっぱりアイス

あのくるくるしてるアイスがすき

チョコとバニラのミックスだと
かなりおとくな気分になれる

チョコがすき

チョコはビターなのがすき

板チョコ一枚全部ひとりじめで食べると
かなりゆうがな気分になれる


やれないのはいいわけだ

やることはたくさんあるのだ

たまには自分にご褒美

元気が出たら

また鞭を振るのです



-------