ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM6




呼吸を重ねて
私と重ねて

去ってしまった
大切なものたちを想って
歌う

私の外側のもの
私の内側のもの
私が壊したもの
自然となくなったもの

呼吸を重ねて
力を感じて
大切だったものを想って
歌う


ただの私で



----




ちっぽけな
わたしの
じゃまを
するなよ

なかゆびを
こころのおくで
たてている

たてている


はじめから
きょりをおく

いまだに
こころなどみせない

ほんしんなんて
おしえるきはないもの

ばくはつしそうなものを
たいせつにかかえている

たいせつなものは

ひとなんかにみせられない

かんたんにわらいとばすようなひとには
みせられない





----

はあー
ごきげんっす
最近馬鹿みたいですが
別に人に馬鹿にされるほどでもないし
こころこころこころ
馬鹿みたいに連呼して
吸収するの

私は
人間嫌いだった
うん
たぶん
今は昔よりいい
そんな自分がちょっと嬉しい

お酒毎日飲むわけじゃないけど
たまに飲むお酒がこんなに美味しく感じられる
ありがとうありがとう

長かったけど
少しずつ
少しずつ
何かが変わって

私は笑うことが好きになれました
恐れからくる笑いではない笑いを
防御でない笑いを
少し


はーー
ほっとしています




ほんの少しだけどね





-------


 
ありがとう


あなたがいるから



今日も笑っていられた



ありがとう





--------

気付けば

見上げれば

満月のようです

私の胸を締め付けるのは
何故ですか



あーあ

世の中がうっとうしくてたまりません

そんな日はありませんか

私だけでしょうか


満月の夜はいつだって
気をおかしくさせるのです


あーあ

けっこうわかっているんです

いろいろ

そう

わかっているんです

いろいろ

そう

いろいろ



でも進まない

私に


その気がないから




全て捨てちゃいたいって思います


こんな日も全部





---------


夜の虫が
鳴いていて
静かなようでいて意外と
騒がしい

大合唱

昼間は鳴いているの?


私は夜の散歩が好き





---------


口に出すのは恥ずかしいから

黙っていようと思った。

思いを

悟られるくらいなら、

いなくなったほうがましだと思った。

ペエジが変わらないのなら

自分でめくろうと思う。


眺めていても
仕方のないことは

自分で居心地やら
面白さをつくれば よいことだ


まだ

しばらく動きたくないのなら

動けるようになるまで

体も 心も やりたいようにやらせてあげる。


時間なんて

誰も決めない。

思っている長さなんて
見方さえ変えれば
ほんの一瞬

自分の必要とする時間を

誰のためでもない

自分のために


そう

自分のために。





--------

 
 
日を遮って
音を遮って
なんにも通さない

皆が皆それぞれの物差しで計るから

聞いていて息苦しい

私にも私の物差しがあって

たまにもうどうでも良いやっていうときは
無茶苦茶なことでもして
馬鹿だったなあと反省することも必要なのです

言い訳は聞かないよ

聞いていたら進歩がないから





--------


 
こわくない

こわくない

こわくない


ふんばってきたんだからすこし

おやすみなさいよ


目をつむっていても

闇を見てしまうときは

やわらかくてふさふさしたものを

そばに


だいじょうぶ





--------



さびしいと感じるとき
自分は弱くなっているんだろうか
崩れそうなときに
踏ん張って走り出したことは
もう記憶になってしまっているのかな
忘れることが大切なこと
忘れてはいけないこと

無心でいられないのは
未熟者の明しでしょうね

未熟なりに未熟にしか残せない
よれよれの足跡を残します

空から見たカラスが笑ってくれたら
それが本望です




-----


 
突然現れたあなたは
見たこともない私に
「あなた読みそうだから」といって
一冊の本をくれた

あなたは
これで救われているのだろうか

自由を叫ぶくせに
皆と同じでいたがる

考えることを面倒くさがっていてはいけない
こんな本で救われたのなら
こんなに歪んではいないわよ

じっとしてあなたを十秒で黙らせることができるわ

同じ囲いに入って安心できるくらい
安らかに生まれていないのよ
虐げられてきたんだから
人間に心を許せるだけ
あなたのほうがよっぽどまともかもね
信じるものは救われて
私みたいなのは救われないのよ
だいたい私に神様なんていないんだから

私は
人の弱さを利用して
金を数えている奴らなど嫌いだ

救われていようといまいと
そんなの本当の幸せじゃない

苦しいんだったらあんた
物書きなよ
ひたすら書きなよ

あんたのほうがよっぽどいいもん書けるかもよ





-----


皆 目を背けるのが上手い
本質とか裏とか痛みとか
そんなことはどうでもよいのだろう
張り裂けそうなことは
避けて通る
真剣勝負はお話にならない
私事など所詮独り言です
耳を傾けてもらう価値もないのでしょう
闘っています
今も
私は私と闘っています
これ以上はない闘いを
しています
ほんとは泣いてしまえたらどんなに楽でしょう
私だって目を背けたいのです
幸福は生まれ持った絶対的なハンデ
不幸もこの絶対的な感覚
今日もこの地に足を踏みしめれば
私の周りは三角に廻っています
弱さ
引きずって
ただこの気持ちを吐き出したいためなのです
溜まったら窒息しそうなのに
自ら溜めようとしています
私は私の中でもがいています
必要のないものは消えたらいい
うまくやれません
立ち向かわないと
私は私に殺される
それでも何に迷うのでしょう
置いてきてしまった
怖いのです
あの頃に戻るのは
自由
自由とは孤独です
見失った私はやはりただのひとりです
投げやりから生まれるもの
怒りから生まれるもの
気持ちの隅々
そんなもの求められていないのです
歌う意味は何ですか
聴く意味は何ですか
そこに自分の気持ちがありますか
作り物じゃない自分の気持ちがありますか
借り物じゃない自分の魂がありますか
闘いを止めた人がほとんどでしょうか
自分の居場所
自分が呼吸する場所
私は意味のないことに
意味を求めているだけでしょうか
逃げてしまえ
頭の中でこだまが聞こえます
走ってあの白い塔から飛び降りたらいい
私はじっとしていても頭の中では走り回っています
走って走って走って走って
見失いました
もっと見失わないと見えてこないのでしょう
笑うことを覚えています
なんとも気持ち悪いです
取り繕っているのです
私は結局避けていたのでしょう
私も本当は闘ってなどいなかったのではないか
私が一番向かい合いたくないのは自分
嘘つき
私は私とどう闘っていいのかわからない
わからない
喉にガムテープ貼り付けられたみたいだ
この喉で歌う
この喉で歌う
歌なんてそんな軽いもんじゃない
今日も考える
馬鹿みたいに考える
ガムテープ貼り付けながら





-----------

 
「写真はイメージです」


って

写真なんだかイメージなんだか

それってなんなの

私もイメージです?




--------


結構秘密主義者
かなりの秘密主義者





 --------


+あなたの歩みの速度に合わせていたら
私がつぶされてしまうから
蹴り飛ばすような勢いで
追い越す

私はわがままだから
止まりたいときに止まるし
自分の好きなように行く

それぞれ
いつ走り出すかわからないし
いつ歩けなくなるかもわからない

交錯する中

予測なんて不可能
そのときの速度で
自分の足で

さてさて





---------

あけわたせ

そうすればまだいきのこれる

そいつをひっぱりだして

やっつけてしまえばいいだろう

すべてそいつのせいにして

あとはわらっていればどうにかなるさ

だまっていろ

だれにもきづかれないように

いいか

やくそくだからな

ぜったいにしゃべるなよ





----------