ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM7




私の魂の花火
ここに
火をつけます


私は
「迷っている」の花火に
火をつけます


ぱっと散って燃えたら
後は灰にもならず
空に消えます

消えることを
毎日考えています

別に
美しく消えたいとは
思っていません

こんな夜の
私のはけ口など
無力です

火になる

火になる

私は遠くから
さようならを連呼している


手を振っている人が
美しく見えたから





-----


お願いだから

私の足かせをはずしてくれ

逆らう気はないから

もう睨みたくはないんだ


どうか

自由にしてくれ

私を私から解放してくれ


ひとは

どうやってこんな毎日を

過ごしていけるの?


どうにか抜け出したいんだ

こんな自分から

お願い

偽者の神様よ

悪者の神様よ

偽善者の神様よ

教えてくれ

救われることが何かを

このこころの在りかを

このこころの平和を


助けて






-----------


ちいさなめをみている
おなかをすかせているようだから
みずをあげる
あしたすぐ はっぱがでるわけではないけど
まいにち こんきよくようすをうかがう
たぶん
ちいさなめも
わたしのようすをうかがっている
まいにち





----------


能書きはもう厭きた

えいごがすきなら
えいごのうたをうたうひとのそばへどうぞ

選択肢ならたくさんあるはず

もうこりごりだ
こりごりなんだよ

必要ないものは捨てる

それだけ

面白くしたいのなら

する


それだけ

選ぶのは私

私私だけの私


くちだけはもう厭きた

ホースでもつなげて
自分の耳に向かってしゃべってくれ


幸せに刃を突きつけるのが好きなのは
仕方ない

そうやって生きてきたから


もう痛くもない





---------
 
 
迷いとか

戸惑いが

あるから


進歩できる


大きくなれる



何か気持ちが

発見できたら

それで良いのだ





----------

 
戸惑っている

こんな自分に


許して欲しい


空白が欲しい


誰にも邪魔されない空白が



元気がないときほど


人には笑って見せるのは何故だろう


馬鹿だなあと思う


とても





---------


丸いものは
欠けているものに惹かれる

いびつな形は
整った形に惹かれる

平穏なときは
刺激を求め

非日常が過ぎるときは
平穏を求める

いつでも欲しいものばかりだ

安定なんてない

常に変化し続ける

やっぱりいつも
欲しいものばかりだ





--------


雨の中
雨の中

美味しいものは落ちていないかと

裾を濡らしながら歩く

下ばかり見ている


雨の中
雨の中





 -----------


何かに突き動かされているような
体の芯が

焦りはとめられずに

砕け散るほど
軽々しくなく
この心は粘土のようにべたついて重苦しい


助けてくれ

なんて言えない

説明なんか
うまくできないから

伝えられないものは

助けてもらえっこないから






-----------

 
夏が

生き延びて


私を殺そうとしています






-------


 

懸命に
一生懸命に
時間も忘れるくらい
惜しくないものが
あることが幸せ

利益とか
そんなの無視しても
幸せ

努力できることがあることを
才能っていうらしいし

すきとは
本能だから
従うべく

自覚

それに自覚をもつこと


あとは覚悟





------

 
ことばわすれ

まとわりつき

はなれていってしまう

それを

つなぎとめもせず

こうわけでもなく

ただ

みているだけだ





 -----------



マル


バツ


で区切れるほど


ニンゲンて

単純だろうか


想像力を無くしたら

いけないと思うわけよ


その背景を

考えるということは

自分を深い器にしてくれるでしょう


薄っぺらに

耳に入ったことに
ただバツをつけるだけでは
何の学習にもならない


学習しない人が語ることばは悲しい





-------------

 
あの空は口を開けたかな?コーヒーに
マリームを入れて飲む

砂糖は無し

あんなに嫌いだった

煮干が食べたくなった





--------

 
あらゆる


競争という競争


確執という確執から


逃れるために


私は




自分の平和を

それでも争いの中に生きるしかない私を


遠くに避難させる


でも



自分の平和は
他人を傷つけることで守られるものではない

自分の平和は
右に左に流され続けて得られるものじゃない

自分の平和は
自分に背を向けていて得られるものじゃない


心地よさは
自分にしかはかれない


はかれないんだよ


最近だんだんわかってきたんだ


私はモノじゃないっていうことが

私は私しかいないんだっていうことが






------



ぼろぼろに疲れて
いらいらした時間も
見失ったような気がして
もやがかかっている視界も

晴らしてくれる


こうして少しすがすがしい気持ちで


自分の軟弱さを少し恥じながら


笑ってみる


元気をくれてありがとう





----------


これを口にしたら
終わりだということばを
いくつも
喉の奥に溜めたまま
すんでのところで吐き出しそうになりながらも

何とか免れている




好きなほうに流れなよ

自分のちょっとの見栄や誇りのために

私のそばにいてくれなくて良い


少なくとも私は自分ひとりでは立っていない

けれど

あなたがやっと自分の足で

意思が見えるなら

去るものは追いはしない



私は追い討ちをかけよう


初めから

あって
なかった人生

ひとりのほうがさびしくて
とても気楽

明日死ぬならばそれはそれで悔いはない




私はいつだって敵にまわる


私はまたいつだって這い上がってやるから


自分の好きな音だけを求めろよ



終わりのことばが順番待ちしているよ


今か今かと
わくわくしながら




------