ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM8



汚いたまねぎだなあ と思った


皮を一枚むいたら

他のたまねぎよりも

立派できれいなたまねぎだった


私はたまねぎに謝った



そして美味しく頂いた





--------


きるきるきるき

よるはよいよい

きるきるきるき

こっちにこいこい

きるきるきるき


ふぁああああ





----------


我が強い
仕方ないのだけど我が強い
しかも意地っ張り
の癖に
飽きっぽい

たちが悪い


思い入れが強いとムキになるところがある

ゆずれるものばかりでは
ないから

この口で失ってしまうものもあるだろう

冷たい満月の雨の日

それでいいのだ

こころのすみで思いながらも
泣いてしまう自分がいる

ざあざあと





--------


ヘッドホンが好きなうたいてさんているのかな
私は好きじゃないな
あのふさがれた感じが
まあ仕方のないことだ こればっかりは

ライブは開放感があるから好きだ
私の声をとめるものはない気がするから
瞬間の美だ
いや醜いだろう
その時間には
いつもの自分には予測もできない力を
発揮していると後から感じる

その予測ができない感が
うたのライブの魔力

一度感じてしまうとなかなかやめられないのです






-------





「光の道」

ぽっかり穴があいて
そこから何もかもが出ていって
音も 光も
曇り硝子の向こうにあるみたいに
ぼんやりして

夜がこんなに
さびしいなんて
いったい
いったい
誰と 話そうか

いくつもの時が過ぎ
描いた絵も褪せて
流した涙の味を忘れてしまっても
体はここにある
さまよう修羅の道
何度も振り払った 手を
今 あたためる


夜の風は刺すみたい
満天の星の中 ひとすじの光が 線になって
それが流れ星だと気付いた

振り返らずに 前へ
進もう
あした
あしたに
何を願おうか

とまった景色の中
動いた 光の道
消えていく残像
たったひとつの 光
輝いて 心に
願いは 夜も 闇も 光も
まっすぐに
ああ
愛せるように

愛せるように





-----


「黒いつぶ」


何にも話すことがなくなった
歯でも磨いてこようかな

ダイタイ言いたいことなんて
ソモソモあってないようなもの

わかってなんて誰も言わない
歌は空気に溶けて 気になる
気になる
木になる

ここにあるだけ
望まない 欲しくない
いらない 似合わない それだけ
キュウクツ
セイギの言葉
約束 整列 共有
ふれあい 決まりごと
キュウクツ

だから口はただついているだけ
飾りにもならない ただの穴


何かと決めつけるのは間違いだ
当たり前がむつかしい

ダケレド言いたいことなんて
ソモソモあってないようなもの

振動は絵を描くよ
そのたびに絵になるよ
絵になる

光り輝く太陽
キラキラ さわやか
穏やか 陽だまり
キュウクツ
子供の瞳
思い出
つかんだ幸せ
両腕 両足
キュウクツ

だから私はただの黒いつぶ
飾りにもならない黒いつぶ




-----


生きていることって


なんて
照れくさいものなんだろうね





-------

ものごとを一方方向にしか
見ることができないのは
危険だ

もっと

自分の想像を絶するところまで
考えなきゃ

そうして
考えて考えて
病んでいってしまうことなんて
恐れてはいけない

何かの片側だけで

正しいことなんてない

全てが
白と黒だけなんて
そんなのは悲しすぎる

もっと混ざったいろんな色を凝視するのよ

もっと






 ----------




くたくたにくたびれている

時間はいくらあっても足りない

たりないね


私に足りないものを

全て埋め尽くしたら

私じゃなくなっちゃうんだよ

足りないところがたくさんある

ごめんね


そして

ありがとう





-------


揺れ動く
揺れ動く

繰り返しがお得意だから

この生き方をやめられない

私に何にも


求めないで




何にも





-------

 
落ち着いているときが
続くかと思えば

自分でも自分がまともだと思えないときがある


とてもじゃないが人様には見せられない


人間皆こうだったら
とっくに世の中滅茶苦茶になっている
と思う


ずっと
小さいときから
こんな感情を抱えてきた
抑えきれずにたくさん自分を傷つけてきた

地べたを這うように歌う

暗闇で慟哭している


なのに今笑っている


私は誰だ





---------



きいきいいう

うつろうつろする


わさわさと

あたまのなかにうたができていて

いそがしい


何か得ると
無残に奪われてしまうものもある

あまりに痛々しいので
とりかえそうとは思わないが
いつなくなっても
覚悟はある

それくらいじゃないと
進めないから

冬の空気よりつーんと
研ぎ澄まされた感覚


はりせんぼん





---------


 
移り変わる日々に
積み重なる日々

ひとつひとつ

いちにちいちにち


声を出している


包まれてきたよ

包まれてきたよ





----------


私って何だろう
自分って何だろう




眠りに落ちる瞬間

明日の朝が
私の本当の目覚めだと良いと
思いながら


私は私の夢の中に生きているイキモノ


ヘンナイキモノ





 -----------


ありがたいものは
いつも忘れてしまいがちで
目に見えにくくて

アタリマエなんかじゃないのに
そばにあってくれて

大事にしなきゃいけないのに
あとまわしにされがちで






ごめんね




本当にいつもありがとう





 -----------


返せ

自由を

返せ



って私は生まれつき自由じゃなかった


返されるものすらないじゃないか


自由じゃない自由から逃げ出したい

もしくは自由に噛み付いてめちゃめちゃに殴りたい気分だ



本当の

本当の自由も知らないのに


ただ求めているだけで

何が欲しいのかわかっていないんだ



全部欲しくて
全部いらない

もらえば壊して
なければ隙を狙っているだけ

モノも感情も全部欲しくて
全部いらない


やっぱりぎりぎりで壊したい衝動に駆られている

駆られている 





---------



こうして夜が明けて

私は馬鹿になっていく



苦しいから


苦しいって言わない



寂しいから


寂しいって言わないよ


こうして

ひとりで生きていく


こうして

夜が明けても






---------




いいね

私は汚い人間だから

本当は求めているものは
もっと大きいよ?

そんなに甘くないから

リンゴはすっぱいっていったでしょ?


イツだって
私はひとり


誰だってひとりだけど

わたしはもっとひとりなきがする

なんでだろね

なんでだろ


私は誰の手の中にもいたくない

誰かに支配されるなんて嫌いだから


いいね


ひとりじゃないって


きっと心強いだろうね



いいんだ
私ひとりのほうが性にあうんだもの


仲良くやるよ?イツだって


溜めて溜めて

たぶん突然

爆発するか

いなくなるだろうな







-----