ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM9



ある芸術家さんが非常に納得する言葉を言っておられました

「芸術家はいつも怒っているくらいじゃないとダメだ」

これ
私にとってはとってもツボな言葉でした
深く深く何度もうなずいて頭から離れなくなった

反省しているけど
ちょっと救われました です

でも

ほんとすいません






-----------


この舟はもう限界


海底へと沈んでいくわ


できれば

あなたを救ってくれる舟へ

あなたが居心地の良い舟へ


乗りついでくれれば いい





私は


あぶくになりたいから


それだけだから





-------------


人生不公平でアタリマエですよね神様
十人十色ですものね

人生不平等でアタリマエですよね神様
ひとりとして同じニンゲンはいないんですものね


思ってもいいでしょ

私をほっとさせてくれよ



なんだやっぱりそうかって





--------


全部
うまくいかない

はじめから
狂ってるから


狂ってるのに
くるってないふりをする


もっと

つまらなくなればいい



もっと





-----




呼んでる

呼ばれているのは私だ


呼んでる


聞こえるもの


はい


いいえ


まだ呼ぶの

私を呼ぶの



キレイな終わりなんてないのよ

いつだって





--------


もう何にもない
背けば
終わりを
私に終わりを
さよならさよなら不条理な世の中
もう何もない
もう何もない
もう何もない
言葉などない
気持ちなどない
何にもない
選べないし
さよならさよならさよならさよなら
終わりだ終わりだ
さよなら
終わりだ





-------



いつか扉を閉めて
いつかは走んないと
この電車の中もいっぱいになりすぎて
あとからあとから
入りきれないくらいぱんぱんになって
中はぐちゃぐちゃになって
しまう
止まって
かわいそうだと思って
入れるだけ入れるのは親切じゃない

いつかは扉を閉めないと
走れないんだから

ずっと止まってはいられないんだよ

だって電車は電車だから

扉を閉めることは悪いことじゃない

走るために

扉を閉めるのは自分だ

人に自分の扉は閉められない

走るために





----

 
霧がなくなったら

こんなに景色は変わるんだと

いつも思う


全然違う

同じ景色も





-----

 
私を覆いさるもの

覆いさるもの


はがしたら

なんにもなくなったら

私なんになるんだろうって

これ

とっちゃったら

なんにもないのかも

と思ったら


私はこの被さった状態が私なんだろうと

思えてきた






--------

 
なんかね
あたまのなかは
うようよしているんだけど

とにかく

なにもしたくないの


なんにも



ごめんなさい





--------



おんなじものは生まれないのよ
おなじであるわけないもの

すべて違うもの同士

どうしたら生きていけるかしらね

争うことは簡単なことだわ

嫌われることなんて簡単なことでしょう

されたくないことをすればいいのだから

あなたに手をあげればいいのだから


思い通りにならないのは悲しい

でも難しいほうを選択し続けて

自分が惨めに感じるくらいなら

私は自分の手でこの扉を開けて

潔くここから出て行くと思う


新しい自分のためにね





---------

 
いくつも
いくつも
のうりにことばがうかんでいた

わざと
かかなかった

それでよいときもあるから


そうだ

わたしはいつだってきまぐれ


のぞむのはへいおんとへんか

じぶんでもよくわからない





---------

 
いつか何かしようと思っていたんですが
つい先日いきなり思いついて描き始めました
絵はいつも下書きがないです
これからは気ままに塗り重ねます






-----------

 



適当な攻撃


適当な攻撃


そんなん
痛くもかゆくもない




なあ




ここ

ついてみろよ





もうずっと前から
後悔なんてないんだから


私と闘いたいなら
命がけで向かって来いよ






ココだよ



ココ


ついてみろよ



ついてみろよ







--------



 
意志を持って行動しろ

何事もそうだろ


自分の手を汚さずに
ちやほやされると思うな






--------




 
夢のような
いや
夢かな
夢でもいいや


雨に聞く

なんで今日降るのか


降らそうと思った雨
全部私だけに降らしてくれ


傘なんて折れるだけ

自分だけで守ろうと思ったら
自分を鍛えるしかない


夢のような

夢の時間

明日も雨かもしれない

でも


いいや





----------


 


おと

オト

向かう

混じる

発する

吸い込む

ことばじゃない瞬間

全て感じる時間

私はゆっくりと

笑っている


それがおかしくておかしくて


大好きな時間をつくる

大好きな時間をもらう


こんなに素晴らしい時間が

あるだろうか


めぐりあえたなら

大切に

幸せだとかみしめるの




-------