ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM10




わらわら泣いたよ

ぼたぼたぼたって


春だね

別れの季節だよ


もうね

私はことばのない創造の世界に生きます

生きるんです。


わらわら泣けてくるけど


こころはまだ震えているけど



ここまでこれてよかったよ


たくさんのこと見れたし

すてきなひとにたくさんであった


大泣きできるくらい波乱万丈な自分の無鉄砲さ
怖いもの知らずの行動力

流れる感覚
全部大切だったよ
今更だけど大笑いできるよほんとにね



春だね

桜の木下に
私は埋まりました。


来年は素晴らしい花を咲かせるはずです。


今散っていく花は無駄じゃないです。


裏切られたと思ったら

来年殴りに来てください
受けて立ちます


春の風は冷たいし強い

それでも行かなくちゃ


血が騒ぐから


この限りある肉体に存在するかたちのない魂がもし永遠なら
いつかまた廻ってくるかもしれません

私の嫌いな神のみが知ります
今海の上を懸けぬけている風にきいてください



いつまでも感謝でいっぱいです


ありがとう


本当にありがとう


グッドバイです。








-------------






邪魔な感性ならいらないなあ

追い立てられている


中指を守っている



平気でいられるの


笑っていられるのは今のうち


昔書いたこと覚えてる?
やっぱり蜂だったな

私は





---------




今日のことを

忘れないように



したいと

思った


なんだか
体がだるいけど

それでも良いと思った



この先のことなんて

私も

保障ない



だから


本能に従うまで




 ----------

 


無心でいたいだけ

終わっていくときは

潔く全て捨てる


それを思い出すもの

かかわってきたもの

属していたもの


全部

捨てる


ひとりっきりがいい


もう誰とも関わりたくない


そして密かに

復活するの


誰も知らない私で





--------



 
にくったらしい

にくったらしい



考えるだけ損



ほんっと馬鹿みたい


考えたって無駄なんだ



飄々と行く人は

飄々としてるだけ


私なんかはイツだって

泥まみれで汗まみれで


ばっかみたい


もっと涼しく生きられないのかね




----------


 
怖くてたまらない

すごく冷え切っているのに
暑くてたまらないの


こんなのおかしいわ


私は

私は

私は

もうどっかに行っちゃった


呼んでももう何処にも居ない



死んじゃったの?

ねえ



ねえ




-----





自分の覚悟の足りなさに
ハッとさせられる瞬間があります

そういうことが
必要なんです

ハッとしているうちはまだ良いほうでしょうか


なんにつけても
おっきな目標じゃなくて良いから
こうなりたいと思った方向を
掲げてみることは良いことだと思います

何にもしないで
何かあることはないです


あと
人に愛を与えられる人間は
人に愛される人間だということ

与えもしないで
愛される人なんていません

嫌われたいのなら
その逆をすればいい

愛なんて大げさに聞こえますけど
笑顔でも良いんです

私はなんだかそれだけで
ありがとうって思います

何にもできないから
せめて自分も普段笑顔を大事にしたいと思うのです






--------



 
いつまで待てばいいの
ここまで誰が待ってるって?太陽?
どこまで待ってたって
ここでは 満たされないの

いまさら何を後悔するの
ほんとはなにを望んでいたいの
どこまで考えてみたって
ここから抜け出せないんだから

泣いていたっていいんだ
それが嘘ナキじゃないのなら
いまさら何を恥じるっていうの
ここまで全力疾走したのに

どこまでだっていいさ
どうせ皆満たされないのなら
これから何を望むっていうの
ここから抜け出せないのなら






----------
 



なにか
自分にとって
大きいことが


それが
終わると

まるで夢だったような気になる


いや
夢じゃない

確かに


覚悟って
していないと自分はぶれるもんだ

覚悟の意味をずっと模索してた



でね



私ぼうっとした景色のまま
焦点があったんだ




そりゃー自分の中で大きい出来事だった




秋はいいね


深呼吸しよう

すーはーはー





-----------





激情なんて


知らない人間でいたかった


どこにも行かない人になりたい


何も買いに行かないで


何も作んないで


飢えて死ぬのを待つ


ヒタスラ


眠る



生まれ変わったら


幸せを


ありったけの愛を


謳う人になれるかな


憎しみや


劣等感や


悲しみ


嫉妬のない


まっすぐな人間に






---------