ミハラカオリ+ 三原かおりり official site 

PROFILE

ミハラカオリ+
シンガーソングライター。

三原かおりり
絵描き。

1977年5月10日生。

2000年10月  ミュージックメディアリサーチより
 アルバム「ミハラカオリ+」を発表。
2001年12月 ROOTSより
ミニアルバム「トゲトゲ」でメジャーデビュー。
2004年2月 ソングバードより
アルバム「ミミナシ」発表。

2008年より 絵画用アーティスト名
「三原かおりり」としても活動開始。
2010年3月より ART-Meter参加。


詳細 >>

LIVE

LIVEはまだありません。

KKRM11

---------------------


ゆっくりお茶を飲み
深呼吸して 眠ろう

ゆっくり朝を迎えて
ゆっくり背伸びしよう
あたたかいきもちで




----------------------


人間って
絶滅寸前になっていろいろ大事にし始める
逆に増えすぎてしまい
悪さをする動物植物は殺すのに

命ってなんなんだよ
何が大切なんだよ
どうなったら最高なんだよ
誰か教えてくれよ




-------------------


今の自分は今の自分
今一瞬は今一瞬
昨日の私は昨日の私

そうやって
心の中もちゃんと一瞬一瞬
過ぎ去っていってくれればいいのにね

重たくて苦しくて
苦しくて抜けられなくて

そうやって
からみついていることも

そうやって
過ぎ去っていけばいいのにね



-----------------------




あきらめない







----------------------



ぜんぶ どうでもよいこと

いっしょうけんめい がんばっても
むくわれないときが ある

かなしみに にくしみに つきおとされるときは ある

いっしょうけんめい やればやっただけ
だいじだったぶんだけ

かなしみや にくしみは ふえて はてしなくひろがる

みんなが それぞれ そんなことを かかえて いきて


いつも おわっていけば どうでもよいこと と かたづける

それが どうでもよければ どうでもよいぶんだけ
かんたんに かたづけていく

どうやったら どうでもよいことに できる?
どうやって かたづけよう

ほんきの いのちがけ
ひとに わらわれても かたづけたくない ことはあるか?





--------------






ずっと待ってるよ

時が過ぎるのを

なんでだろうね

涙が出るのは


待ってるだけでも立派だと

そう
思っている






--------------



夜が更けて
明かりが消えても
あまり変わらない
あまり変わったようには見えない


見えないな




---------------------




卑屈になるなよ

気持ちを押し付けるなよ

卑屈になるなよ

わかってもらえると思うな



まっすぐ前を

ひとりで見据えろ







-----------







誰の不意の攻撃も受け付けないくらい
硬い塊になったら

外の世界を転がりまわれる


きっと無邪気なフリをして
笑うんだろう

何事も無かったのように

狂わないでいられるのだろうか



考えているうちは

まだ硬い塊には程遠い







-------------------








心から血を流している





---------------




葉っぱに
元気を貰う

葉っぱには
ちゃんと水が流れてて

葉っぱは確かに聞いているよ

葉っぱはわかってる

いろいろわかってる

私をわかってる





--------------






ひそやかに

いつもそばにいるよ

わたしにしかわからないかげ


それはひつようで

だれにもさわらせたくないもの

だきしめて
だきしめて
だきしめて



ずっとくろいまま

すっとそばに








------------------




あるところに
私しか住んでいない村があった

私はそこで畑を育てていた

大事に大事に育てて
結構大きな畑になった

私にとって畑は生きがいになっていた


ある日いつものように
畑の手入れをしていると
今まで見たことの無い爆弾のようなものが落ちていた

助けを呼びたかったが
この村には私しか居なかった

自分でどうにかしなければ

これは触ったら動かしたら爆発するのか
爆弾ではないものなのか

そんなことすら私にはわからなかった

ただこのままこの大事な畑に
置いておくことはできなかった


そんなに時間は経っていなかったと思う
だけど随分経ったような気もした



私は覚悟した


死ぬかもしれない

そう思いながらも
覚悟を決めた


私は
その爆弾らしきものにそっと触れてみた


なにも起こらなかった


私は両手でそれを抱えて歩き出した



胸がどきどきしていた

早く畑の外に持って行きたかった

知らずのうちに早歩きになっていた

畑の向こうの地平線を見ていた





その時




爆弾らしきものは

爆発した






私は畑の中に吹き飛ばされて
意識がなくなった


そこからは憶えていない



爆発音だけが頭にこだましていた




いつ目覚めたのか
あまり記憶が無い



まっ白だった


体の痛みだけが
くり返し悲鳴を上げていた

何も考えたくなかった


ずっと悲鳴だけを聞いていた

気が
狂いそうだった


そして

時間が過ぎていくのをただ待っていた




瀕死の状態の体を休め
いつの間にか動けるようになった


滅茶苦茶になっていた畑も
また耕せるようになった



いつの間に
誰が何の目的で
よりによってなんで私の畑に
爆弾が置かれていたのだろう
もっとうまく爆弾をどかせる事はできなかったのか

考えることが山ほどあったけど

気付いたらそこに爆弾があったことしか知らなかった私には
結局何もわからなかった


私はゆっくり畑を耕していくことにした

あれだけ立派だった畑
また一から作り直すのだ


作っているとき

あの畑が素晴らしい畑だったことを思い出して
何故だかたくさん泣けてくる
時には体も数日動かなくなるほど


だけど
私は新しい畑をあきらめない

まだこの畑は生きているから


私があきらめなければ
生きているから


だから私は今日もゆっくり畑を耕し続ける

ときどき
あの爆弾のことを思い出しながら







----------------





むらさきには

もっとだいじなものができたから

みどりにならないように

あかをそそぎこんで

しんでもずっとだいじだよ



----------






わたし


意外と



ばかじゃないから




って思ってる

わたしのばか






--------



捨てたり


ふるいにかけるのって


すっきりする


少し罪悪感があっても

そのうち
風が心地良いことに気付く



必要じゃないものを

抱えていられるほど

力持ちじゃない



ばいばい


いろいろ



----------




こころに











つばをはく











だってくだらないから







-------------




こころからくるしいことが

いちばんいえない


そういうもんだとおもう


すぐにくちにだせるようなことは

だいたい
そこまでくるしくないこと



さとってしまって
いたみがやわらいだとき
このくるしみをのりこえられる






-----------





なにがほんとう



ほんとうだけで

すべて
ほんとうだけでいきているひとてをあげて




なにからみた
ほんとう

ぎゃくからみた
ほんとうをしっているかい

そのほんとうで
すこやかですか





それなら
それで

ただ
うらやましい

ただの
しっとです








--------------





おもい

かるい


おもい

かるい


おもい


かるい



軸は再生







-----------------




気が付くと

涙がぼろぼろ





ただ

ただ悲しい







あの太陽の向こうで

私を待ってくれている









--------------







ウソじゃない




ぜんぶ


ほんとうのこと









自分の傷は自分で癒すしかない








-----------





なにも急ぐことはないのに
なぜか急いでしまう

なにかに追いつけない気がして
待ってくれと焦っている

なにも急ぐことはないのに
わかっているのに






--------------



わらって

わらって

わらって

わらって

わらって

わらって

わらったら






いつか
ほんとうにわらえます








----------------



ぽつぽつ


ぽつぽつぽつ



あめがふって


こころにおおきなあなを



ぽつぽつ
ぽつ

ぽつぽつ




-------



グッドバイから数年



ポケットの中


ここは宇宙です。




-------